家の外見

節約することが出来る

家族と犬と家

ガラス修理は基本的に壊れる他、ヒビ割れが生じてから行なうという人は少なくありません。しかし、使用する素材によっては断熱効果を期待することが出来るので節電効果も得られて家計の負担を軽減出来ます。

Read more...

確認した上で依頼する

置かれた工具

日頃から使用している欠かせない電化製品の一つに洗濯機があります。人によっては毎日使用するため、故障すると緊急性のある修理が必要になるので迅速対応してくれる業者に依頼しましょう。

Read more...

壊れたままでは危険です

設計図と黄色い家の模型

住宅設備には、必ずガラスが設置されています。ガラスは、日差しを室内に取り入れて部屋を明るくする機能を設けています。このガラスが、何かの拍子で割れてしまった場合、早急な対応が必要でしょう。

Read more...

誰でも安心できる

スパナのアップ

住宅の悩みをプロの建築士が解決に導いてくれます。リフォームは名古屋の業者で対応しています。綺麗なマイホームに変えよう。

大阪でリフォームをお考えならこちらに相談してみましょう。予算に合わせて素敵な快適空間を提供してくれますよ。

手すりの取り付け工事を依頼

少子高齢化に伴い、各家庭の室内をバリアフリー対応にするリフォームが増えています。一般的に介護リフォームと呼ばれていますが、要介護者がいる世帯では、介護保険や自治体から補助金が支給される場合もあります。介護リフォームの中には、床段差をなくし転ばないようにする、引き戸に切り替える、洋式便器に取り換える、などがあります。中でも重要なのが手すりの取り付けです。廊下や階段はもちろん、トイレやお風呂を含む室内全体に手すりの取り付けが必要です。手すりを取り付けることで室内の移動が安全になります。手すりの取り付けにかかる費用は、取り付け個所や長さ、工事内容によって大きく変わります。普通のリフォーム工事なら10万円くらいから30万円程度で数か所の手すりを取り付けることができます。

出来れば両側につけておきたい

例えば、階段の場合は両側に手すりを取り付けることが望ましいといえます。もし物理的な理由で無理な場合には、利き手側につけるようにしましょう。廊下も同様に、両側が無理な場合は、利き手側につけるのが基本です。トイレやお風呂にも手すりは必要です。特にお風呂の場合、転倒事故が心配です。取付位置に気を付けて安全に配慮したいものです。工事に際して、壁面を補強する必要がある場合、工事費用と時間がかかります。バリアフリーのリフォームは高齢者に配慮した丁寧な仕事が求められます。一般のリフォームと異なり、公的な補助金が得られることから、より注意が必要です。リフォーム業者を選ぶ際は、十分な実績を持つ信頼できる専門業者にすることが重要です。

室内の環境を変えてもらいませんか?リフォームを千葉で依頼したい方は、高い技術を持ったこちらがオススメです。

リフォームを名古屋で頼みたい方は熟練の職人がいるこちらに頼みませんか?どんな小さいリフォームでも対応してくれますよ。